まちづくり三法の解説

わが国のまちづくりの基本「中心市街地活性化法」「大店立地法」「都市計画法」の、いわゆる「まちづくり三法」について解説します。


まちづくり三法制定の経緯
  • 平成10年、関連法を一体的に推進し、地域の実情に合ったまちづくりを行うことを目的として制定(都市計画法は改正)された「まちづくり三法」が制定された経緯について解説します。
まちづくり三法改正の概要
  • 制定から7年を経て、中心市街地の活性化に取り組む地域は数多くあるものの、総じて言えば中心市街地の状況は必ずしも改善していない。このような状況を背景に、まちづくり三法の見直しが進められ、平成18年5月に成立した、まちづくり三法の改正法案の概要について解説します。
まちづくり三法改正後の状況
  • 平成18年9月8日に閣議決定された「中心市街地の活性化を図るための基本的な方針」の内容。

このページの上へ