事例紹介 一覧
  • ページ内
    リンク
  • 助成事業
  • 平成29年度
    市町村名 取組概要
    北海道
    下川町
    農山村・過疎地域における小規模自治体において移住・定住の促進を図るため、総合コーディネート組織を構築するとともに、安定的な優良中古物件の流通促進につながる仕組みを確立し、地域の活性化を図る取組みを行う。
    福島県
    石川町
    「まちなか再生行動計画」の下で個別に実施されている各種事業を専門家のアドバイスを受けながら統一性のある効果的な事業にするために、高校生との協働による復元されるまちの文化人居宅の活用法の検討及び新設される文教福祉複合施設の運営組織作り並びに2拠点間につながりを持たせるにぎわい創出事業を行う。
    神奈川県
    小田原市
    小田原市が重点に位置付けるかまぼこ通りの魅力・回遊性の向上及び地域コミュニティの活性化のため、平成28年度に策定した「小田原かまぼこ通り〜まちづくり構想」の具体化を目指し、実行計画の策定と自立したまち運営の仕組み作りを行う。
    広島県
    三原市
    平成28年度に策定した「市中心部活性化プロジェクト報告」をもとに、誇りや愛着を生むまちづくりを官民連携により推進するため、ワークショップ等を通じたグランドデザインの市民との共有や人材育成プログラムの実施、官民連携による推進・支援体制作りの検討など、関係者全体に働きかけを行う。
    宮崎県
    日南市
    中心市街地活性化事業等を通じて整備済みの既存ストックを活かし、民間主導によるまちづくり体制の構築及び人材育成を軸に、各種の取組を通じて、まちなかのにぎわい創出を図る取組みを行う。
    H29事業実施中
                                        このページの上へ
    平成28年度
    市町村名 取組概要
    岩手県
    紫波町
    昨年度策定した「日詰リノベーションまちづくり基本構想(案)」の実践フェーズとして、遊休不動産への一部改修・活用によるリノベーションまちづくりの展開、構想に描かれたプロジェクトの事業化を通じて定住と起業家育成、紫波での暮らし方や物件の活用について情報発信等を行う。
    大阪府
    泉佐野市
    関西空港を経由する訪日旅行客と街全体をショッピングモールに見立てるCivic Mall 事業を連動させることでまちなか再生を図ることを目的とする「泉佐野版DMO」の事業計画を策定し、その実施主体の形成を図る。また、その際に主要な担い手として期待される泉佐野駅周辺商業地区の商店街関係者の意識付けを行う。
    和歌山県
    和歌山市
    まちなかエリアの再生を図るために、まちづくり会社・不動産所有者・地元金融機関・大学・市民等の実際に事業を実施するまちづくりプレイヤーを中心に、市の課題を公民連携により解決していくための民間主導による実現可能性の高い「リノベーションまちづくり構想」を策定するとともに、策定過程を通じて機運醸成を図り新たなまちなか再生の担い手の発掘を目指す。
    佐賀県
    佐賀市
    呉服元町エリアにおいてこれまで実践してきたまちなか再生の取り組みを進展させ、空き家・空き店舗等に対する金融を含めた公民連携による「不動産ストック活用促進スキーム」を構築するとともに、具体案件での事業化を図る。
    また、エリアのブランディングの一環として、地域資源であるクリークの価値向上の取り組みを行う。
    H28詳細はこちら
    報告書(リンク)
                                        このページの上へ
    平成27年度
    市町村名 取組概要
    北海道
    津別町
    都市機能を集約し、コンパクトなまちなか空間の形成を図るとともに、住民、特に若い世代が、大学との交流を通じて、まちづくりに能動的に参画する仕組みを構築し、住民が誇りを持って住み続けたいと思えるような持続可能なまちづくりを目指す。
    岩手県
    紫波町
    オガールプロジェクトで得た官民連携手法を活かし、対象区域で課題となっている遊休不動産の利活用を進めるとともに、里山の魅力・地域資源も取り込み、中心市街地の活性化を図る。
    栃木県
    高根沢町
    対象区域をコアタウン(中心拠点)、各小学校区をサテライトタウン(地域拠点)として位置付け、これを維持していくために必要なコアタウンとしての機能のあり方を、学生が地域に居住しながら産官学金民で連携して検討していくとともに、その結果を「まち、ひと、しごと創生地域総合戦略」として位置付ける。
    群馬県
    前橋市
    ホール等の文化機能を充実させ、市民の潜在的な需要を掘り起こすことで、既存公共ストックの有効活用を図り、来街者の増加、ひいてはまちなか居住の推進を図る。
    佐賀県
    佐賀市
    空き家、空き店舗を地域資源として持続的に再生、活用を図る仕組みを構築するとともに、エリアの魅力の発掘、発信及び回遊ルートの整備により、まちなか全体の魅力向上に繋げ、居住者、来街者、歩行者の増加を図り、地域の賑わいを創出する。
    H27詳細はこちら
    報告書(リンク)
                                        このページの上へ
    平成26年度

    市町村名 取組概要
    山形県
    山形市
    空き店舗・空き家の解消及び魅力的な歩行空間・商業空間の展開に向けて、老朽化した店舗、空き店舗等を活気ある空間にリノベーションし、またその過程を通じてまちなかエリアの価値向上に寄与するノウハウを持つ人材を育成し、多様な都市型産業の集積を促す。
    栃木県
    那須塩原市
    住む人・訪れる人が「満足度」が高く、人々が「いきいき」としたまちなかとなるよう、地元の住民や商業者が集い、話し合う機会をつくり、新しい「つながり」を創出するとともに、住民や商業者から得られた意見を、都市再生整備計画事業に最大限組み込み、産官民が一体となって黒磯地区を新しい形に再生する。
    千葉県
    睦沢町
    「地域再生・健幸のまちづくり」の実現にむけ、住民自らが地域の課題や魅力を発掘し、その解決にむけて官民協働で取り組む環境を創りだすとともに、住民の合意形成に基づく住民参画によるまちづくりの推進及びまちなか再生構想の策定をする。
    福井県
    若狭町
    地域資源の活用と、地域住民間・国内外の他地域・多業種産業・大学等の研究機関との交流促進による地域経済の活性化を図るとともに、定住でき、世代間交流の中で住民が健康に暮らせる魅力的な熊川地域を目指す。
    徳島県
    美波町
    住んでいる人の満足度を高め、安全・安心、円滑な暮らしが実現できるまちづくりを担う住民主導の諸サービスの立ち上げや新規起業等を促し・サポートする拠点として、地域協働サポートチームの組織づくり及びまちなかの活性化を目的としたチームの育成を図る。
    H26詳細はこちら
    報告書(リンク)
                                        このページの上へ
    平成25年度

    市町村名 取組概要
    埼玉県
    川越市
    まちなかには、蔵造りの町並みなど歴史的資産が今なお残り、毎年多くの観光客が訪れているが、50〜60歳以上が中心で、地元の担い手も高齢化が進んでいる。そのため、次の展開として若年層の観光客及び担い手の取り込みが課題となっている。本事業は、課題解決に向け、日本で初めて観光学部を立ち上げた立教大学と県内大学が連携してまちなか再生に取り組むことで、大学生の新鮮な発想を取り入れるとともに、今後の担い手として取り込みを図るもの。
    千葉県
    館山市
    対象区域は、港と街道を結ぶ物流拠点として栄えながらも、鉄道や車などへの転換により、久しくまちなかとしての機能を失っていた場所である。しかし、まちづくりを学ぶ学生が、その大学OBのリードの元、まちなか再生を図る動きが始められている。本事業は、机上での議論だけではなく、今なお残る古い商家を実際に自分たちの手で補修・改修することを通じて、まちの持つ普遍的な姿をあぶり出し、再生の方向性と具体的な方策を整理するもの。
    岐阜県
    大垣市
    これまで行政を中心に「子育て」をテーマとしてまちづくりの研究を進めてきた。本事業は、それを具体的に展開し、子育て世代に選ばれるまちづくりにつなげるため、地元NPO等と連携し、目指すべきまちなかの空間像や外部へのアピール戦略について、住民の意見を踏まえながら検討するものであり、都市マスや再開発に反映させていく。
    京都府
    八幡市
    対象区域は市の人口の約30%を擁するニュータウンであり、昭和47年に入居開始した建物の老朽化、高齢化やコミュニティの弱体化などの問題を抱えている。本事業は、関西大学が、再生モデルとして選定した男山地域に入り込み、地域住民とのワークショップ等を通じて、地域の再生計画を策定するもの。
    奈良県
    斑鳩町
    法隆寺の門前町として栄えたが、現在は大型バスでの観光が主流で、観光客はほとんどまちなかを回遊せず、空き店舗等が増えてきている。本事業は、待っていれば人が来るということを当たり前に感じてきた地元の意識を転換し、素通りしてきた観光客をまちなかに取り込む仕掛けづくりをするもの。それにより、まちなかでの新たな経済効果とともに、修景等まちの環境そのものの改善にもつながり、住んでいる人・訪れる人にとって魅力の高いまちに再生を図る。
    広島県
    福山市
    大型店の移転や車利用者の増加により郊外に人が流れ、商業を含めた都市機能が低下し、閑散としている。本事業は、ハード整備に頼るのではなく、市民や商業者等が屋外空間を積極的に活用する仕掛けを作って、まちなかのアクティビティを創出し、さらに、それを沢山の人に見てもらうことでまちの賑わいにつなげるもの。アクティビティを創出する仕掛けづくりとともに、それをコントロールするコーディネーターの組織づくりを行う。
    高知県
    本山町
    対象区域は、過疎化が進む中山間地域であり、店舗の移転・減少、店主の高齢化等により衰退傾向にある。そうした中でも、こだわりを持ち、粘り強く営業を続ける店舗も少なからずあり、まちの重要な「資源」だといえる。本事業では、地元大学と首都圏の大学とが連携して現地に入り込み、よそ者目線からそうした資源にスポットを当て、商店街の魅力を引き出すとともに、地元住民を巻き込み、継続的な取組みに向けた体制づくりを行う。
    H25詳細はこちら
    報告書(リンク)
                                        このページの上へ
    平成24年度

    市町村名 取組概要
    埼玉県
    秩父市
    平成23年度に策定した商店街活性化事業計画に基 づき、コミュニティレストラン施設の設置、まちなか 駐車場の活用の仕組みづくり、地場産品のブランディ ング等を行うとともに、新たな活性化事業の企画・調 査等を行う。
    東京都
    青梅市
    まちなか居住の促進を図るため、中心市街地区域の現 状把握や動向分析の上、今後の基本方針や事業スケジ ュール等の作成を行うとともに、担い手となるまちづ くり会社の設立に関する検討を行う。
    長野県
    飯田市
    現行の中心市街地活性化基本計画を総括し、市民の合 意形成のもと次期計画に向けてビジョンづくりを行 う。
    大分県
    豊後高田市
    商店街における空き店舗の増加や商店街間の格差の 発生といった課題に対応し、商店街相互の回遊性を高 め、新たな賑わいを創出するための活性化策案の作成 のほか、各種実行組織の構築を行う。
    福島県
    広野町
    広野町復興計画(第一次)の中で示された市街地の復 興を中心に、個々の施設に対応した具体的な計画と仕 組みづくりを目指す。
    H24詳細はこちら
    報告書(リンク)
                                        このページの上へ
    平成23年度

    市町村名 取組概要
    北海道
    旭川市
    旭川駅を中心とする中心市街地の活性化と公共交通の確 保・維持を目的として、利用状況等の基礎調査を行うとと もに、維持困難バス路線における代替手法モデルの検討や 利用しやすい公共交通マップの作成等を実施する。
    宮城県
    大河原町
    高齢者福祉の向上等の視点・方策と構築中の新公共交通シ ステムを関連させることによるまちなかのコミュニケー ション再生を図るため、新公共交通システムの構築にあわ せた中心市街地活性化に必要な機能・施設等の具体的計画 の検討、まちづくり組織の検討、将来に向けたビジネスモ デルと仕組みの検討及び計画策定を行う。
    茨城県
    古河市
    古河駅西口を中心とした市街地の活性化を図るため、歴史 的・文化的資源である蔵の活用方法について具体的な事業 計画(案)を策定するとともに、まちづくりを推進する地 元組織の充実・強化やまちなかの回遊性を高める戦略の確 立を目指す。
    埼玉県
    秩父市
    まちなかに点在する歴史的建築物等の地域資源を活用し、 秩父神社周辺商店街地区における民間活力によるまちづ くりを推進するため、商店街活性化のための事業計画の策 定や国の事業認可の取得等、具体的な事業を立ち上げるた めの条件の整備を行う。
    島根県
    津和野町
    歴史的資源・景観資源を活かした滞在型観光事業による交 流人口と雇用創出による居住人口の増大を図るため、空き 町屋、遊休地、周辺の自然資源等を把握したうえで歴史・ 生活文化・自然資源を融合させた活用運営モデルプランと 新たな地域住宅計画案を作成する。
    H23詳細はこちら
    報告書(リンク)
                                        このページの上へ
    平成22年度

    市町村名 取組概要
    茨城県
    古河市
    古河駅西口を中心とした市街地の活性化を図るため、 まちなか再生支援専門家を招聘し、駅西口、旧日光街道周辺等、歴史的な街並みを活かした独自の事業展開を実施することにより、交流人口の増加を図り、地域住民を巻き込んだまちなかの再生を実現させ、商業の活性化を図る。
    千葉県
    銚子市
    中心市街地の活性化に向けた、当該地区の核店舗であった大型商業施設跡地の再開発基本方針を検討し、土地所有者、地元商業関係団体等と連携し、実現可能な再開発の基本計画を策定する 。
    愛知県
    岡崎市
    中心市街地活性化基本計画を策定し、事業を実施したことにより数値目標もほぼ達成しているが、活性化が実感できるような状況にないため、当基本計画を見直すとともに、現在進行中の重点的事業(商業活性化・二十七曲り活用)の推進・支援し、民間事業を牽引する役割を担う整備推進機構の体制を強化する。
    山口県
    山口市
    3商店街(中市商店街、米屋町商店街、道場門前商店街)の個性を生かして更なる組織強化を図りつつ、各商店街が連携した中心商店街としての再生及びエリアマネジメントを継続的に担っていける人材を創りだし、育成できる自立的なシステムづくりを行う。
    福岡県
    北九州市
    小倉中心市街地の事業所数と就業人口の増加を図るため、民間活力を活用しながら起業向けオフィスへの入居支援や、都市型ビジネス事業者にとって魅力のあるビジネス地区のコミュニティの形成などを推進するとともに、商業地区とコラボレーションして行うことで商業地区における顧客の増加も図っていく。
    佐賀県
    多久市
    第3次多久市総合計画に掲げる「住みたい美しいまち多久」を目指し、鉄道・公共交通機能の再整備を行い、多久駅周辺に機能を集約し、質の高い暮らし・生活の場所としてのまちづくりを推進しながら、コンパクトでにぎわいあふれるまちづくりを行う。その取り組みにより定住人口(街なか居住)・交流人口の増加に繋げていく。
    H22詳細はこちら
    報告書(リンク)
                                        このページの上へ
    平成21年度

    市町村名 取組概要
    青森県
    八戸市
    八戸市中心市街地活性化基本計画における「まちなかに来やすくする」基本方針に基づく公共交通関連事業及び八戸市地域公共交通総合連携計画に基づく実施事業をベースとし、路線バス等の公共交通の再生・活性化を切り口とした「まちなか再生」に寄与する施策推進について、専門家を招聘し、計画的・効果的に企画・実践することにより来街者を増やし、商店街の活力回復に取り組む。
    長野県
    木曽町
    広小路周辺区域(中心市街地)の活性化を図るため、中心部の旧本庁舎地に住民生活に密着した施設の整備を計画し、交流人口の増加及びまちなか居住の推進に取り組む。
    静岡県
    沼津市
    沼津市町方町、大門町及び通横町地区における地域住民、関係権利者による主体的なまちづくりの検討を支援するため、専門家を招聘し、地域分析やケーススタディに基づく情報提供を行うとともに、新たなまちづくりの推進に必要な地区全体整備計画や事業スキーム等を策定する。
    福岡県
    八女市
    八女福島地区の伝統的な町並みを活用したまちなか再生を推進するため、専門家を招聘し、空き町屋等の活用モデルプランや地元組織のコーディネートを行い、滞在型の交流人口及び定住人口の拡大並びに若者の定着に繋げる仕組みをつくる。
    佐賀県
    多久市
    鉄道・公共交通機能の再整備を行い、多久駅周辺に機能を集約し、質の高い暮らし・生活の場所としてのまちづくりを推進しながら、コンパクトで賑わいのあふれるまちづくりを行う。
    大分県
    佐伯市
    中心市街地の活性化を図るため、専門家を招聘し、寿屋の跡地活用を含め、城下町周辺、駅並びに港周辺地区を連携させた事業展開を行い、交流人口の増加、商業の活性化、地域住民の利便性の向上に取り組む。
    宮崎県
    延岡市
    延岡駅周辺の賑わいを再生するため、市民の思いを反映させた都市機能の再整備構想を策定するとともに行政・商店街・市民団体による「まちづくり」ネットワークを構築し、それを通して持続的に「まちづくり」に携わる人材の発掘と育成を行う。
    H21詳細はこちら
    報告書(リンク)
                                        このページの上へ
    平成20年度

    市町村名 取組概要
    岩手県
    盛岡市
    肴町・中ノ橋通商店街を中心とした地域一帯を、若者・年配の方にも快適な活気ある町とするため、まちづくりに関する専門家を招聘し、「まちづくり」に興味をもち活動できる人材の確保とネットワークを 構築する。
    石川県
    珠洲市
    飯田町商店街(中心市街地)の活性化を図るため、専門家を招聘し、本年度完成予定の交流施設を中心として、まちなかの再生にかかわる 行動計画の策定と賑わいづくり・活性化に取り組む地域グループを 組織することにより、交流人口の増加に取り組む。
    長野県
    小諸市
    駅・大手門周辺を核とした回遊性・賑わいのあるまちづくりを進めるため、専門家を招聘し、行政・NPO・市民団体・市民有志による「まちなか再生」への取り組みをつなぎ、関係者の情報共有・連携強化・ 戦略づくり・戦略運営の為の体制づくりを行う。
    静岡県
    沼津市
    町方町・大門町・通横町地区における地域住民、関係権利者による主体的なまちづくりを支援するため、専門家を招聘し、当該地区の状況確認と分析、地元検討組織のコーディネート及びまちづくりに関する 基本計画・建築計画・推進プログラムを作成する。
    滋賀県
    長浜市
    黒壁スクエアを中心とした市街地の継続的な取り組みを進めるため、中心市街地活性化基本計画に基づき、交流人口増加・まちなか居住等 について、各再生拠点ゾーンを定め、空間デザイン作成、事業スキーム 及び資金計画等を含めた事業実施計画の策定を行う。
    兵庫県
    篠山市
    丹波篠山城周辺の伝統的な町並み、町屋・古民家などの地域資源を再生・活用したまちなか再生を推進するため、専門家を招聘し、 まちなか滞在施設の整備・仕組みづくりと、観光まちづくりを 組み合わせた観光PR計画のための全体計画および個別計画を策定する。
    愛媛県
    今治市
    今治港周辺地域の賑わいの創出と活性化に資する取り組みとして 中心市街地のアート化、交流人口の増加のため、専門家を招聘し、ワークショップの実施、市民活動組織のコーディネート、 みなと再生構想に係る建築デザイン、および市民連携の促進手法を定め、 まちなかの再生を図る。
    H20詳細はこちら
    報告書(リンク)
                                        このページの上へ
  • ヒアリング

このページの上へ