事例紹介 検索結果

 九州・沖縄

  • 宮崎県
    日南市
  • 中心市街地活性化事業等を通じて整備済みの既存ストックを活かし、民間主導によるまちづくり体制の構築及び人材育成を軸に、各種の取組を通じて、まちなかのにぎわい創出を図る取組みを行う。

    平成29年度事業実施中
  • 佐賀県
    佐賀市
  • 呉服元町エリアにおいてこれまで実践してきたまちなか再生の取組みを進展させ、空き家・空き店舗等に対する金融を含めた公民連携による「不動産ストック活用促進スキーム」を構築するとともに、具体案件での事業化を図る。
    また、エリアのブランディングの一環として、地域資源であるクリークの価値向上の取組みを行う。

    取組み詳細はこちら 平成28年度報告書
  • 佐賀県
    佐賀市
  • 空き家、空き店舗を地域資源として持続的に再生、活用を図る仕組みを構築するとともに、エリアの魅力の発掘、発信及び回遊ルートの整備により、まちなか全体の魅力向上に繋げ、居住者、来街者、歩行者の増加を図り、地域の賑わいを創出する。

    取組み詳細はこちら 平成27年度報告書
  • 大分県
    豊後高田市
  • 商店街における空き店舗の増加や商店街間の格差の発生といった課題に対応し、商店街相互の回遊性を高め、新たな賑わいを創出するための活性化策案の作成のほか、各種実行組織の構築を行う。

    取組み詳細はこちら 平成24年度報告書
  • 福岡県
    北九州市
  • 小倉中心市街地の事業所数と就業人口の増加を図るため、民間活力を活用しながら起業向けオフィスへの入居支援や、都市型ビジネス事業者にとって魅力のあるビジネス地区のコミュニティの形成などを推進するとともに、商業地区とコラボレーションして行うことで商業地区における顧客の増加も図っていく。

    取組み詳細はこちら 平成22年度報告書
  • 佐賀県
    多久市
  • 第3次多久市総合計画に掲げる「住みたい美しいまち多久」を目指し、鉄道・公共交通機能の再整備を行い、多久駅周辺に機能を集約し、質の高い暮らし・生活の場所としてのまちづくりを推進しながら、コンパクトでにぎわいあふれるまちづくりを行う。その取組みにより定住人口(街なか居住)・交流人口の増加に繋げていく。

    取組み詳細はこちら 平成22年度報告書
  • 佐賀県
    多久市
  • 鉄道・公共交通機能の再整備を行い、多久駅周辺に機能を集約し、質の高い暮らし・生活の場所としてのまちづくりを推進しながら、コンパクトで賑わいのあふれるまちづくりを行う。

    取組み詳細はこちら 平成21年度報告書
  • 福岡県
    八女市
  • 八女福島地区の伝統的な町並みを活用したまちなか再生を推進するため、専門家を招聘し、空き町家等の活用モデルプランづくりや地元組織のコーディネートを行い、滞在型の交流人口及び定住人口の拡大並びに若者の定着に繋げる仕組みをつくる。

    取組み詳細はこちら 平成21年度報告書
  • 大分県
    佐伯市
  • 中心市街地の活性化を図るため、専門家を招聘し、寿屋の跡地活用を含め、城下町周辺、駅並びに港周辺地区を連携させた事業展開を行い、交流人口の増加、商業の活性化、地域住民の利便性の向上に取り組む。

    取組み詳細はこちら
    平成21年度報告書
  • 宮崎県
    延岡市
  • 延岡駅周辺の賑わいを再生するため、市民の思いを反映させた都市機能の再整備構想を策定するとともに行政・商店街・市民団体による「まちづくり」ネットワークを構築し、それを通して持続的に「まちづくり」に携わる人材の発掘と育成を行う。

    取組み詳細はこちら 平成21年度報告書
  • 佐賀県唐津市
  • 福岡県北九州市

このページの上へ